むくみ(浮腫)について

最近はむくみ(浮腫)の患者さんが多いです。

浮腫を起こす病気は、心不全、肝硬変、薬剤性、原因不明(特発性浮腫)、腎臓疾患等です。

細胞と細胞の間(細胞間隙)を埋めている水分(間質液)の配分のバランスが崩れ、細胞間隙に水分が溜まってしまうことがあります。これがむくみ(浮腫)です。

一晩寝たら治ってしまうような一過性のものであれば、特に問題はありません。

むくみ軽減の施術は早めに効果が現れます。

気になってる方は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA